中身はつぶあん。(旧:カラメル堂)

イラストレーター&マンガ家おぐらなおみの公式ブログ

2006年01月


徒歩5分。メニューは無尽蔵で酒はたっぷりと用意され、
寝転びつつ時々TVを眺め、あまつさえ託児所付き。
もうこの飲み屋で決定。


覚悟はしておりましたが、テレビ番組が全く違います。福岡。
さすがに「いいとも」を夕方放映されるようなことはありませんが、
大阪ローカルはほとんど見られない。残念である。
特に悲しいのは、「そやねん」と「土曜はダメよ!」と「ごきげん!ブランニュ」だ。
みんな大阪ローカルだ。
離れてみて初めて分かる事実。自分が「メッセンジャー黒田」が案外好きだった事実。
でももう遅い。福岡では見られない。
意外と良く見るのは「原口あきまさ」と「はなわ」。
ありがた感はうすい。


パソコン、なんとか復旧しました。
もう寿命かもしれません。5年しか使ってないのに、と
つぶやいたら、パソコンの寿命はそれくらいであろうと夫。
10万円以上の家電は10年以上使いたいものだ。
パソコンは家電じゃないけど。

週末は体育館で卓球をしました。
健康的。

うううううううううううわーーーーん、
パソコンが接続できなくなってしまいました!
今、実家のパソコンからお送りしております。
(ほんと、引っ越してよかったよ、と思う瞬間。)
ちょっと更新できないかもしれません。
うううううう、パソコンてこれだからいやだわーん。


しっかりした子、というのがムスメの印象で、それは自他ともに認める
部分であろうが、この自他ともに、というところがかえって大変だなあと
いつも思っている。
しっかりした子なんだから失敗はしない、という打たれ弱さみたいなものだ。
新しい学校に通うことになっても「しっかりした子は大丈夫だから」と
廻りの人が言っている。しっかりしなくてはいけない、という緊張感が
あるのだろう。

めずらしく朝から、ない、ない、と机の周りで慌てている。
笛がない、今日は音楽の授業があるのに、と慌てている。
どうして昨日のうちに準備しておかないの!と怒りながら
「こんなことはめったにないことだなあ」とぼんやりと思う。
年末に教会のクリスマス会で笛を使ったから、もしかしたら
教会に忘れてきたのかもしれない?と聞いてみるが
分からない、分からない、とパニックだ。

実は前日に、大事にしていた携帯電話のおもちゃの細かいところに
入れてはいけない小さい紙を入れ込み、壊してしまったということもあった。
いつものムスメなら考えられないことだ。

出来の悪い言うことを聞かない年の離れた弟がいるせいで
注目はなにかと弟に集まり、「手のかからない良い子」の
ムスメは大人っぽく振舞うことを求められることが多かった。
本人の素質もそういうものだった。
ないよう、ないよう、と鼻水をたらしながら泣く娘を見て、
この子も大変だよなあ、と思う。

(笛はムスメが「そこは見たもん!」と言っていた棚にあっけなく
置いてあった。夫が見つけた。お手柄。)


やっぱどうしても慣れない。
夜中のごみ収集。


気のせいかな?と思ってたのだが、どーも気のせいだけではないと思いつつ
やっぱり気のせいではないことが自分の中で確定。

…福岡、夜明けが遅いよね…。

朝6時ごろ起きると真っ暗で、そうでなくても福岡は曇天が多いのに
今日は曇りだか雨だか、それともこれから晴れるのかが読めないです。
9時ごろになって「やっと今日の天気はこれだったか。」とはっきりする。
んでもって、そのときにはシーツを4枚も洗ってしまったりしていて、
「やっぱり曇りだった・・・。」とがっくり来るときは私の負け。

逆に夏の夜なんかはいつまでも明るくて、暗くなってきたので
家に帰ったら7時過ぎててびっくり、なんてことは夫情報。


西宮からのフルチン電話でヤワラのムスコの話をする。
谷さんに激似、ほんとに男の子でよかったじゃん、など。
その中で、なんとヤワラが産んだ産婦人科が、コーちゃんと
同じだったことを知る。高橋産婦人科
確かに人気の産婦人科だったけど、ヤワラよ、もっと有名人に
お似合いの高級産婦人科はいくらでもあっただろうに、なぜここを。
ヤワラも出産当日に院長からのバラの花束を受け取ったのであろうか。
食事はものすごくおいしくて、夜8時にお菓子とお茶が出るのが大変うれしかった。

そんなことを話しつつ「毎日ばたばた気持ちだけあせってる。」と
フルチンさんに愚痴ったら、
「私は何にもすることないよ!一番のイベントはフルチンピック。
今年の参加者はふたりだけ!」と学校でムスコと二人ただ競争しただけなのに
フルチンピックと名づけるあたりが、もう。


とても寒いのでダイニング用のホットカーペットが欲しいと
思ってるんだが、引きこもりのわたくしにとって、買い物とは
ネットで、なので検索検索しているのだが、まったくもって売り切れ
とはどういうことですか!
きっと寒いからみんな売り切れちゃったんだ、もう世の中の
どこにもないんだ!と泣きながら夫に訴えたが、
ベスト電器にちゃっかり売っていて脱力。
でも買わない。だって私の買い物はパソコンの中にあるものだから。
(でもちょっと欲しい。)


絵の描き方なんて、すっかり忘れました。

世間では新年なんですってね。引越しで怒涛のことく荷物を運び
運ばれているうちに、何もかも忘れました。
ぼんやりと「実家での暴飲暴食」や「樋井川でカモメの餌付け」や
「今年から免除された帰省ラッシュのニュースを見てニヤけつつ飲む酒」、
などが思い起こされますが、定かではありません。

…気付けば西宮となんの変わりもなく暮らしている自分の気持ちが怖い。
これがサバイバル精神?ちょっと違う?

今一番困っていることは「お店が分からない」ことです。
具体的には「自転車屋」と「クリーニング屋」が分かりません。
自転車のブレーキはキーキー鳴りまくり、ワイシャツはたまりまくりです。
ああ、どうしたらいいんでしょうか。

今、無性に酒が飲みたい。

…久しぶりの更新なので、もうちょっと書く。

それにしても、土地の名前というのはどうしてこうわかりにくいのでしょうか。
雑誌をめくりつつ「ま…も…んま…ば…?」と赤ん坊のような声をバカ面で
ささやく私ですが、まさか答えが「まいだし(馬出)」だとは思わなかった。
あと読めなかったのは「のけ(野芥)」と「ざっしょくのくま」ですが、
「ざっしょくのくま」に至っては、パソコンですら漢字が出せません。
こんなことが続くならもう西宮に帰りたい。

しかし西宮で私が住んでたのは「津門綾羽町」というところですが、
これも最初はまったく分からなかった。
「津門」と書いて「つと」と読みます。
「つも」かと思った。麻雀かって話だ。

東京の友だちに「群馬にダイカンカンってところあるでしょ?」と聞かれ
はて、と思ったのち、それが「大間々(おおまま)」だと判明し、爆笑したが
それはやっぱり笑ってはいけなかったのではなかったか?
これから先、土地の名前で何度となく赤っ恥をかく自分の姿が見える。

ホントに良く見える。