夢を見ていた。福山雅治が夫になる夢だ。
きれいな顔だな、でも結婚して一緒に生活すると
きれいさっていうのはだんだん影がうすくなるな、
テレビで見るのとそんなに変わりないな、
でもこれからずっと添い遂げるのだな、不思議だな、
などとしみじみしていて、ふと目がさめたら
本物のうちのダンナがぼんやりと生きていて、

「あ!雅治いない!」と気づいたときの

ものすごい驚き。