ここ数日、こんな感じの毎日でございました。

幼稚園のお道具類の名前付け。
こんなチマチマしたこと、大好きだったんですが、年齢とともに根気も
退化したのでしょうか。なんだか大変だったですこと。ついには、
「全員名前付けるんだからさー、名前ついてないのはコーちゃんってことで
納得してもらえればそれで良いのでは?」と、危険な考えまで浮かぶしまつ。
ナーバスになったわたくしはさらに、
「ほかのクラスはみんな2文字なのに、コーちゃんだけ4文字のクラス…損した…。
ほかのクラスは「こめ」と「むぎ」なのにコーちゃんは「げんまい」ってたっぷり
書かなきゃならんのだもの。倍だもん。」とどんどん他人をさか恨むはめに。
しかしどんどん書き進むうちに「ほほほ、ほかに名前を書くとこはねえかー!」と
なまはげのように探しつつ「ここは書かなくてもよいのでは?」というところまで
書いてやった。単純作業はくせになる。よかったよかった。

12色のクレヨン1本1本に名前を書き、さらに「目印シール」といって自分の
マークのシールを1本1本に貼っていき、さらにその上からセロテープで補強
していった日には、

とも思いましたが。