コーちゃんは 夏休みでも 幼稚園

夏季保育ですね。最近は夏休みのお預かりをしてくれる幼稚園も増えて
いるようですね。ありがたいありがたい。無料だったらもっとありがたいのだが、
いやいや、そんなことを言ったらバチがあたりますね。
1時間1万円払ってもいいくらいありがたいですね。うそです。

さて、夏休みなので給食がない。んでもって弁当を持っていくわけだ。

…弁当…わたしの作った弁当…。

その昔、夫に弁当を作ってやったときがあるのだが、
お昼になって弁当を開いた夫が
「ショックのあまり開いた弁当を閉じてしまった」
という逸話があるくらい弁当下手なわたし。

その昔、まだ幼稚園に通っていたムスメの弁当に、

「うなぎ」
「塩さば」
「煮豆」

など、茶色の食べ物を総動員した弁当を作り、

こんな悲しい思い出を作ってしまったくらい弁当下手なわたし…。

せめてムスコには・・・精一杯がんばった弁当を…。

どん。

がんばったよね!がんばったよねね!

あ、そういえば「みほ亭」が枝豆を送ってくれたんだった。
それがまあめっぽううまい。まるでとうもろこしを食べているようなうまさ…。
この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
また送ってください。3日に1度は送ってください。

まあそんなわけで、がんばった弁当を持たせたわけだ。
私にとったらキャラ弁並の努力だ。

帰ったきたコーちゃん。



なんでも憧れの年長さんが、おにぎりのみという「男弁当」を持ってきたらしく、
ちまちまタコウインナーを食ってる俺・・・お子様・・・と思ったんですと。

・・・これだから・・・これだから男って・・・「くれよな!」とか言っちゃって・・・もう・・・

でも


まだまだ赤ん坊みたいなもんだ。かわいいコーちゃんだ。